ウェザーニューズ、最適輸送計画支援サービスを無償提供…気象リスクを予測

通行止めや規制などの輸送におけるリスク情報(イメージ)
  • 通行止めや規制などの輸送におけるリスク情報(イメージ)
  • 気象見解と輸送リスクを補足する解説情報(イメージ)

ウェザーニューズは5月14日、新型コロナウイルス感染拡大状況下におけるライフライン維持のため、物流事業者などに「最適輸送計画支援サービス」を無償提供すると発表した。輸送における気象リスクを予測する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で、生活必需品の宅配ニーズや医療品の安定的な輸送の重要性が増している。ウェザーニューズでは2020年9月30日まで、物流や製造業者向けの最適輸送計画支援サービスを無償で提供する。これにより生活必需品・医療品の安定供給を支援する。

最適輸送計画支援サービスは、通行止めや規制の可能性を路線ごとに5日先まで4段階で予測するサービス。気象見解や輸送におけるリスクを補足する解説情報とあわせて確認でき、輸送計画に影響する路線や時間帯を事前に把握できる。本サービスは、車両・人員の調整や輸送計画を策定する物流業・製造業の企業中心に、すでに活用されている。

梅雨や台風の季節を迎えることから、車両・人員の調整や輸送計画の策定などの業務を気象リスク対策の面からサポート、物流の安定やドライバーの安全確保につなげていく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース