自動車サプライヤー向け新クラウドサービス、新型コロナの影響に対応…キャップジェミニ

キャップジェミニの自動車サプライヤー向け新クラウドサービスのイメージ
  • キャップジェミニの自動車サプライヤー向け新クラウドサービスのイメージ

キャップジェミニ(Capgemini)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響を受けている自動車サプライヤーが、顧客の要求と市場の状況に対応するために、新たなクラウドサービスを開始すると発表した。

キャップジェミニは、フランスに本社を置くITコンサルタント企業だ。この新たなクラウドサービスは、ドイツに本拠を置く欧州最大のソフトウェア企業、SAPと共同開発された。

自動車サプライヤーは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によるリスクと課題への対処において、不確実な状況に直面している。市場の混乱により、サプライヤーは、スタッフ、顧客、パートナーに対するリスクを軽減するために、何ができるか判断するのが困難になっている。

このような圧力によって、サプライヤーのビジネスモデルも変化している。コネクテッドカーや自動運転車、新しいOEMへの対応、急成長する新しい競合他社への対応などのビジネスモデルを受け入れることなどだ。これらの変化により、サプライヤーは新しい市場に参入し、変化に迅速に対応する必要がある。

そこでキャップジェミニは、自動車サプライヤーが顧客の要求と市場の状況に対応するために、新たなクラウドサービスを開始する。SAPのクラウドとクラウドプラットフォームの標準ソフトウェア製品を、コンサルティングやアプリケーションサービスにおけるキャップジェミニのグローバルな自動車業界専門知識と組み合わせて活用することにより、これらの課題への対応を支援していく。

キャップジェミニは、この組み合わせにより、クラウドの活用が容易となり、すぐに使用できるソリューションが提供される。これにより、顧客はクラウドへの投資を最大化し、メリットをより早く実現できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース