小型二輪車新車販売、新型コロナの影響少なくほぼ前年並み 4月実績

カワサキ Z900RS
  • カワサキ Z900RS

全国軽自動車協会連合会は、2020年4月の小型二輪車(251cc以上)新車販売台数を発表(5月8日)。前年同月比6.1%減の7811台で3か月ぶりのマイナスとなった。

四輪車は新型コロナウイルスの影響で新車の販売が大幅に減少したが、小型二輪車については、それほど大きな影響は見られなかった。

メーカー別では、カワサキが同5.5%減の2462台で、2か月連続マイナスながらホンダを抜き、2か月ぶりのトップ。2位ホンダは同5.6%減の1468台で3か月ぶりのマイナスだった。

3位ヤマハは同22.5%減の1122台で7か月連続のマイナスだった。4位スズキは同15.5%減の623台で4か月連続のマイナス。輸入車などのその他は同8.0%増の2136台で2か月連続のプラスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース