アウディ世界販売、日本は20.7%増 2020年第1四半期

アウディQ3新型
  • アウディQ3新型
  • アウディA6セダン新型
  • アウディQ2

アウディ(Audi)は4月30日、2020年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は35万2993台。前年同期比は21.1%減と、2年連続のマイナスだった。

市場別では、欧州が減少傾向にある。第1四半期は16万5403台にとどまり、前年同期比は19%減。このうち、地元ドイツは18%減の6万2959台だった。

ドイツに続いたのは英国。ただし、前年同期比26.7%減の3万0684台と、引き続き減少する。イタリアは前年同期比22.4%減の1万2435台と減少が続く。フランスも、28.0%減の9169台と引き続き落ち込む。スペインも26.7%減の1万0479台と、2年連続のマイナスだ。

中国(香港を含む)は第1四半期、11万3330台を販売。前年同期比は28.9%減とマイナスに転じた。米国は第1四半期、4万1367台を販売。前年同期比は14.0%減と、引き続き減少する。

世界主要市場の販売が落ち込む中、日本では第1四半期、5654台を売り上げた。前年同期比は20.7%増と、2桁増を達成している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース