交通安全運動期間中の死者は63人---高齢者が半数 2020年春

警察庁は、4月6日から15日まで実施した「2020年春の全国交通安全運動」の交通事故発生状況を発表した。

自動車 社会 行政
警察庁は、4月6日から15日まで実施した「2020年春の全国交通安全運動」の交通事故発生状況を発表した。

それによると期間中の交通事故死者数は63人で、前年同期と比べて14人減少した。ただ、前年の春の交通安全運動は5月11日から20日までとの比較では7人増えた。

期間中の交通事故発生件数は前年同期と比べて2733件減って7645件だった。負傷者数は3430人減って9099人と1万人を割り込んだ。

今回の交通安全運動では「子供を始めとする歩行者の安全確保」、「高齢運転者の安全運転励行」、「自転車の安全利用の推進」を全国重点として展開した。

期間中の年齢別交通死亡事故は65歳以上が31人で全体の半分を占め、依然として高齢者が多い。15歳以下は1人だった。死亡事故の状態別では自転車乗車中が11人で全体の17.5%だった。

都道府県別でワーストは愛知県の6人。2019年の交通死亡事故ワーストだった千葉県は3人だった。

飲酒運転による事故発生件数は23件で、このうち死亡事故が1件だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「交通事故死ゼロを目指す日」今春も達成ならず 4月10日に6件6人 画像 「交通事故死ゼロを目指す日」今春も達成ならず 4月10日に6件6人
  • 新型コロナで逼迫する救急病院…交通事故で「コード・ブルー」するとどうなる?【岩貞るみこの人道車医】 画像 新型コロナで逼迫する救急病院…交通事故で「コード・ブルー」するとどうなる?【岩貞るみこの人道車医】
  • 春の交通安全キャンペーン「ながら運転防止」などを訴求 自工会 画像 春の交通安全キャンペーン「ながら運転防止」などを訴求 自工会
  • 自動車とオートバイ盗難認知件数が大幅減少…新型コロナが影響か? 2020年1-3月期 画像 自動車とオートバイ盗難認知件数が大幅減少…新型コロナが影響か? 2020年1-3月期

特集

おすすめのニュース