コンチネンタル、車載3Dディスプレイ開発…特別なメガネなしで立体的に表示

コンチネンタル(Continental)は3月16日、特別なメガネなしで立体的に表示できる車載3Dディスプレイを開発した、と発表した。

このテクノロジーは、画面上に3Dスケール、ポインター、オブジェクトを表示する。たとえば、ドライバーの視線の先に、一時停止標識の警告を表示することができる。

このシステムには、特別なメガネは必要ない。コンチネンタルは、視差バリアと呼ばれる画像を分割する傾斜スラットを採用した。これにより、わずかにオフセットした2つの異なるビューが右目と左目に届き、立体的に見えるという。

コンチネンタルは、ドライバーの視線を検出し、3Dビューを正確に頭の位置に調整するインテリアカメラも開発した。ドライバーが3Dスクリーンを長時間注視するのを防ぐために、カメラはドライバーの視線を検出して、ドライバーの注意散漫や疲労をモニターする。

コンチネンタルは、メータークラスターを3Dで視覚化することにより、高度なドライバーアシスタンスシステム、ディスプレイ、通信サービス、インフォテインメントアプリケーションが、ドライバーの負担にならないように注力していく、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース