新城ラリー、無観客で開催へ…新型コロナウイルス感染拡大を受け

バスを待つ中国北京市民(3月2日)
  • バスを待つ中国北京市民(3月2日)
  • ソウル市内で消毒作業にあたる韓国軍兵士(3月3日)

新城ラリー実行委員会は、県営新城総合公園及び鬼久保ふれあい広場で3月14~15日に開催される全日本ラリー選手権 第2戦「新城ラリー2020」を無観客で競技を実施することを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、主催団体により競技の開催について協議が行われ、来場者、選手、ボランティアの安全確保を最優先し、無観客で競技を開催することが決まった。

この決定により、3月13日に予定されていたセレモニアルスタート、3月14~15日に県営新城総合公園および鬼久保ふれあい広場の企業出展及び飲食出店等の催しは全て中止となる。また、県営新城総合公園内でのSS(スペシャルステージ)は中止し、臨時駐車場の設置、会場へのシャトルバスの運行も行わない。

なお、サテライト会場(鬼久保ふれあい広場)前売駐車券の購入者は、チケット代金が払い戻しされる。払い戻しはチケットを発券した店舗にて、3月1日より3月31日までの期間で払い戻し処理が可能。

《河村大志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース