JR西日本でも自動運転の走行試験…大阪環状線と桜島線への導入を考慮

JR西日本は2月19日、自動運転の走行試験を大阪環状線大阪~京橋間の外回り線で実施していることを明らかにした。

JR西日本では、およそ20年後の技術を示す技術ビジョンに「無線式ATCなど保安システムの進化と自動運転技術による安全性と輸送品質の向上」を掲げており、それに基づく自動運転の走行試験を、323系電車1編成に運転士を乗務させた状態で2月5・7・17・19日の終電後から始発の間に実施。加減速や惰行といった車両の制御機能や定位置停止機能、乗り心地などの確認が行なわれている。

この自動運転は、既存の制御装置(デジタル伝送装置)に加減速制御や定位置停止制御機能を追加し、その組合せで走行制御を行なうというもので、自動列車停止装置(ATS-P)の速度制限の範囲内で走行計画に沿って運転し、状況に応じてそれを変化させるとしている。

JR西日本では試験を通して「将来の自動運転の実現に向けて、機能の評価ならびに今後に向けた課題抽出を行います」としており、最初に導入する線区として大阪環状線と桜島線を考慮に入れているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース