マツダのSKYACTIV-Xエンジン、「テクノベスト 2019」受賞…欧州オートベスト

マツダ(Mazda)の欧州部門は2月14日、「SKYACTIV-X」エンジンが、欧州31か国の審査員で構成される「オートベスト」(AUTOBEST)から、「テクノベスト 2019」賞を受賞した、と発表した。

オートベストは、欧州の新興国を中心とした自動車雑誌の編集者や自動車ジャーナリストで組織されている。2005年以来、自動車の革新的な技術開発に対して贈られるのが、テクノベスト賞だ。

SKYACTIV-Xエンジンは、ディーゼルエンジンのような圧縮点火の利点を活用した世界初の量産ガソリンエンジンだ。「SPCCI」(火花制御圧縮点火)と呼ばれる革新的な燃焼システムにより、現行の「SKYACTIV-G」エンジンに対して、エンジンの効率を最大30%改善し、燃費とCO2性能も向上させている。

マツダモーターヨーロッパの青山裕大 社長兼CEOは、「SKYACTIV-Xテクノロジーは、理想的な燃焼エンジンを探求し続けてきたマツダにおいて、大きな前進をもたらす決定的なマイルストーンに到達するもの」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース