2020年の世界自動車生産、3年連続で減少へ…ボッシュが予測

トヨタの米国インディアナ工場
  • トヨタの米国インディアナ工場
  • 日産 ジューク 新型の生産が開始された英国サンダーランド工場
  • アコードを生産するホンダ米オハイオ州メアリーズビル工場

ボッシュ(Bosch)は、2020年の世界自動車生産台数が、3年連続で減少するとの予測を発表した。

ボッシュは、2020年の世界自動車生産台数が、およそ8900万台になると予想している。これは、2019年実績に対して、2.6%の減少となる。

8900万台という数字は、2017年実績よりも、ほぼ1000万台少ない台数だ。ボッシュは、世界自動車生産のピークが、2017年だったと認識していることになる。

なお、ボッシュは、今後数年に渡って、この水準が継続すると予測している。2025年よりも前に、世界の自動車生産台数が増加することはないと見ている。

ボッシュは、自動車業界の過剰生産能力とパワートレインテクノロジーミックスへの変化を考慮し、コスト構造の見直しを継続していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、世界生産・販売で過去最高を記録 2019年 画像 トヨタ、世界生産・販売で過去最高を記録 2019年
  • 日産の世界生産、9.6%減で7年ぶりの500万台割れ 2019年 画像 日産の世界生産、9.6%減で7年ぶりの500万台割れ 2019年
  • スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績 画像 スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績
  • マツダ ロードスター に2020年モデル、2月に米国発売へ 画像 マツダ ロードスター に2020年モデル、2月に米国発売へ

特集

おすすめのニュース