マルチスズキ、新排ガス基準の先行適合車の販売が50万台超え…発売10か月

スズキ・ヴィターラ・ブレッツァ
  • スズキ・ヴィターラ・ブレッツァ
  • スズキ・ディザイア
  • スズキ・エルティガ
  • スズキ・アルト 800
  • スズキ・セレリオ

スズキのインド子会社のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は、2020年4月に導入される新排出ガス基準に先行適合した新車の販売台数が、発売から10か月で50万台を超えた、と発表した。

インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

マルチスズキは2019年4月、最初のBS6適合ガソリン車として、『バレーノ』を発売した。これに続いて、『アルト800』、『ワゴンR』、『スイフト』、『ディザイア』、『エルティガ』も基準をクリア。最近では、新型MPVの『XL6』と新型SUVの『エスプレッソ』も、BS6に対応しており、合計で10車種が、BS6適合車となっている。

マルチスズキは、このBS6に先行適合した新車の販売台数が、2019年4月の発売から10か月で50万台を超え、ガソリンエンジン搭載の全ラインナップの75%がBS6に適合済み、と発表した。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • スポーツカーの英ロータス、自転車を共同開発…東京2020オリンピック出場目指す 画像 スポーツカーの英ロータス、自転車を共同開発…東京2020オリンピック出場目指す
  • 「岩盤規制の国」日本にグラブがついに上陸、その真の狙いは?【藤井真治のフォーカス・オン】 画像 「岩盤規制の国」日本にグラブがついに上陸、その真の狙いは?【藤井真治のフォーカス・オン】
  • タイムズ24、東京2020大会の駐車場対策に予約システムを提供 実証実験を開始 画像 タイムズ24、東京2020大会の駐車場対策に予約システムを提供 実証実験を開始
  • 二輪車のOBD2に排ガス浄化装置の劣化を監視・警告する機能を追加へ 国交省 画像 二輪車のOBD2に排ガス浄化装置の劣化を監視・警告する機能を追加へ 国交省

特集

おすすめのニュース