タイムズカーレンタル、対面型多言語音声翻訳機を順次導入

多言語音声翻訳機
  • 多言語音声翻訳機

タイムズモビリティは1月24日より、日本語から英語・中国語(簡体/繁体)・韓国語・タイ語へ相互に翻訳できる音声翻訳機を、タイムズカーレンタル全国33店舗に順次導入すると発表した。

タイムズカーレンタルでは、公式サイトの対応言語拡大をはじめ、サポートセンターを介した18か国語での電話通訳対応の24時間化、日本の交通ルールや交通標識を説明したパンフレットの配布、多言語カーナビの導入など、日本語に不慣れな外国人客向けに様々な取り組みを行なっている。また、特に外国人客が多い那覇空港店や新千歳空港店では、店内表示の多言語化や外国人受付カウンターの設置のほか、英語・中国語・韓国語等に対応可能なスタッフを常駐させている。

今回、個人旅行の増加とニーズの多様化に伴い、外国人旅行者によるレンタカー利用が全国に広がっていることから、音声翻訳機の導入を決定した。音声翻訳機はカウンターでの会話をサポートする対面型で、外国人客の多い13都道府県33店舗に順次導入。店舗でのより円滑なコミュニケーションを実現を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェジャパン、レンタカーサービス『ポルシェ・ドライブ』12月6日から開始…アジア初導入 画像 ポルシェジャパン、レンタカーサービス『ポルシェ・ドライブ』12月6日から開始…アジア初導入
  • トヨタ、カーシェアおよび無人貸渡しレンタカーサービスの全国展開開始 画像 トヨタ、カーシェアおよび無人貸渡しレンタカーサービスの全国展開開始
  • オリックスレンタカー、アルファ&アバルト5車種を導入 画像 オリックスレンタカー、アルファ&アバルト5車種を導入
  • 「所有」から「利用」へ…バイクメーカーのヤマハが「キャンプ用品レンタル」を始めた理由 画像 「所有」から「利用」へ…バイクメーカーのヤマハが「キャンプ用品レンタル」を始めた理由

特集

おすすめのニュース