トヨタ、北米の生産体制を再編へ…SUVの生産効率向上目指す

トヨタ(Toyota)自動車の米国部門は1月17日、北米の生産体制を再編すると発表した。

今回の再編は、北米における車両生産工場の競争力の向上が狙いだ。2022年までに、米国インディナ工場(TMMI)とテキサス工場(TMMTX)において、プラットフォームやコモンアーキテクチャーに基づいて、生産車種を変更する。

具体的には、TMMIはミッドサイズSUVとミニバンの生産に注力する。2022年までに、フルサイズSUV『セコイア』の生産を終了する予定だ。一方、TMMTXは、フルサイズのフレーム車(ピックアップトラックとSUV)の生産工場として、2022年からセコイアの生産を開始する。

また、TMMTXでは2021年内に、小型ピックアップトラックの『タコマ』の生産を終了する計画だ。タコマは、TMMTXでの生産終了後は、引き続きメキシコのバハ・カリフォルニアのTMMBCと、2019年12月に稼働した同じくメキシコのグアナフアト州のTMMGTの2工場で生産を行う。

なお、トヨタは、生産車種変更に伴う北米拠点での雇用への影響はない、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース