メルセデスベンツ世界販売、9年連続の記録更新 2019年

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は1月9日、2019年世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は、9年連続で年間販売の記録を更新する245万6343台。前年比は0.7%増だった。

全販売台数245万6343台のうち、ブランド別では、メルセデスベンツが233万9562台を販売した。前年比は1.3%増とプラスを維持する。

市場別では、欧州が93万7881台を売り上げ、前年比は0.4%増と2年ぶりに増加した。このうち、地元ドイツは31万8353台を販売し、前年比は4.8%増と、6年連続で前年実績を上回る。

中国は2019年、69万3443台を販売し、前年比は6.2%増と、プラスを維持した。また、米国は31万6094台。前年比は0.04%増と微増ながら、4年ぶりのプラスとなった。

メルセデスベンツブランドでは、小型車の『Aクラス』、『Bクラス』、『CLAクラス』、『GLAクラス』、『GLBクラス』が、合計で66万7000台以上を販売した。前年比は9.5%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。『Cクラス』は、およそ39万2900台を売り上げたものの、前年比は0.9%減と4年連続で減少した。『Eクラス』は、前年比1.3%減のおよそ35万1000台と後退する。

SUVは2019年、合計でおよそ78万3700台を販売した。前年比は4.5%減と、マイナスを転じている。『GLC』が引き続き、最量販SUVだ。『Gクラス』は新型効果で、過去最高の3万4912台を販売した。前年比は60%以上伸びている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース