自動運転向け新型ライダーセンサー、ベロダインがCES 2020で発表へ

《photo by Velodyne Lidar》
  • 《photo by Velodyne Lidar》
  • 《photo by Velodyne Lidar》

ベロダイン・ライダー(Velodyne Lidar)は、1月7日に米国ラスベガスで開幕するCES 2020において、自動運転向けの新型ライダー(LiDAR)センサーを初公開すると発表した。

ベロダイン・ライダーは、1983年に設立された自動運転向けライダーの大手だ。米国カリフォルニア州に本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサーのライダーなどを手がける。2005年には、世界初の3Dリアルタイムライダーセンサーを発明して、特許を取得した。自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。

ベロダイン・ライダーはCES 2020において、自動運転向けの新型ライダーセンサーを初公開する予定だ。この新型ライダーセンサーを、ライダーアシスタンスソフトウェア技術の「ベラ」(Vella)と組み合わせる。

ベラは、「ベラレイ」と呼ばれるセンサーをベースにしたADASソリューションだ。カメラとレーダーを利用する既存のシステムよりも効率が高く、レーンキーピングアシストや自動緊急ブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどの先進運転支援機能に導入できる。

同社は、新型ライダーセンサーとソフトウェアのベラを使用して、歩行者や自転車の回避、車線維持の支援、自動ブレーキなどを含めた安全性を向上させた強固なADASソリューションを開発していく、としている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集