ZMP、自動運転警備ロボット「PATORO」発表 パートナー事業者の募集開始

ZMPは12月24日、低速自動運転モビリティに警備ロボット「PATORO」を追加、導入を希望するパートナー事業者の募集を開始した。

ZMPではこれまで、低速自動運転モビリティとして、宅配ロボット「CarriRo Deli」、移動パートナー「Robocar Walk」を開発してきた。今回新たにラインアップに加える警備ロボット PATOROは、警備業務における省人化、効率化とともに、人々の安心なくらしの実現に貢献する。

現在、CarriRo Deliは屋外環境のほか、オフィスビル内でのエレベーター連携による縦移動など、屋内環境での活用も加速。またRobocar Walkは、多くの人々や車両が行き交う歩道や横断歩道など、公道での安全でスムースな走行実績を積み重ねている。PATOROは、これらの技術を応用することで、屋内屋外を問わず多様な環境での警備業務に活用可能とした。ラインアップの中で最もコンパクトなサイズとし、屋内での小回りにも優れる。また、カメラによる映像監視や記録、騒音や異常音の検知、警告、火災検知など、周辺監視や巡回警備等に必要な機能を搭載する。

ZMPでは、2020年5月よりサービスの開始を予定しており、ビル管理、施設管理、地域の見回りなど、導入に向けたパートナー事業者を募集する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース