日産の世界初の可変圧縮比エンジン、「VCターボ」…10ベストエンジン2020に選出

日産自動車(Nissan)は12月18日、「VCターボ」エンジンが米国の『ワーズオートワールド』誌から、「10ベストエンジン2020」に選出された、と発表した。

「10ベストエンジン」は1995年から開催されており、今年が26回目。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能などに着目して、同誌の編集者が10つのエンジンを選出する。また、EVなどの電動パワートレインも選考対象になる。

日産が開発したVCターボエンジンは、量産エンジンとしては世界初の可変圧縮比エンジンだ。可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させるマルチリンクシステムを活用しており、最適な圧縮比に素早く変化する特長を備えている。

圧縮比は8:1(高性能)から、14:1(高効率)の間で自在に変えることができる。運転状況に応じてエンジンの制御ロジックは、自動的に最適な圧縮比を選択する。またこの技術は、燃料消費量と排出ガスの大幅な削減、騒音や振動レベルの低減など、多くのメリットがあり、既存のエンジンに比べ軽量かつコンパクト設計としている。

日産はこのVCターボを、新世代の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンに導入した。新型『アルティマ』の場合、最大出力は248hp、最大トルクは37.7kgmを引き出す。この2.0VCターボエンジンが、先代の3.5リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンを置き換えている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース