FCA、電動化を加速…2020年にグローバル製品開発が新体制へ

現行フィアット500のEV、500 e(参考画像)
  • 現行フィアット500のEV、500 e(参考画像)
  • ジープ・レネゲード PHEV
  • ジープ・コンパス PHEV

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は12月12日、新たなグローバル製品開発体制を2020年に導入すると発表した。

新体制は、電動化、自動運転、コネクティビティの開発を加速させるのが狙いだ。これらの市場投入までの時間を短縮し、技術革新のペースを速めていく。

FCAは今後5年間に、総額90億ユーロを投じて、新型電動パワートレイン車を30車種、世界市場で発売する計画だ。まずは、ジープ『コンパス』、『レネゲード』、『ラングラー』にプラグインハイブリッド車(PHV)を設定する。

また、フィアットブランドの乗用車と商用車に電動モデルを用意する予定だ。マセラティは、EVやハイブリッド車、レベル3の自動運転技術の実用化に向けて、16億ユーロを投資する。

またFCAは、パワートレイン部門と車両エンジニアリング部門を統合する。従来、パワートレインエンジニアリングは、車両製品開発プロセスから独立していた。新しいフラットな製品開発体制は、意思決定の迅速化と世界中のエンジニアリング能力のフル活用を可能にする、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース