三菱、輸送の脱炭素化を促進…英エネルギー企業と提携

三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の欧州部門は12月10日、英国のOVOエナジーと提携を結び、輸送の脱炭素化を促進すると発表した。

三菱自動車は2014年から、世界で最も売れているプラグインハイブリッド車(PHV)、『アウトランダーPHEV』を販売している。同社は輸送の脱炭素化には、プラグインハイブリッドテクノロジーが重要な役割を果たすと考えている。

アウトランダーPHEVはEVモードで走行する場合、騒音を大幅に低減すると同時に、都市部の空気の質を改善する。アウトランダーPHEVのドライバーに関する最近の調査では、顧客の90%が最大45km(WLTP計測)のEVモードの航続を最大限に活用するために、週に少なくとも2~3回、充電していることが判明している。

三菱自動車の欧州部門は、英国のエネルギー企業のOVO エナジーと提携を結び、輸送の脱炭素化を促進する。2050年までに英国のCO2排出量ゼロのコミットメントを達成するには、業界全体でのコラボレーションとパートナーシップが必要であり、両社はそれぞれの顧客に革新的なグリーンソリューションを提供するために協力する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボカーズ、電動化で1台あたりのCO2を40%削減へ…2025年までに 画像 ボルボカーズ、電動化で1台あたりのCO2を40%削減へ…2025年までに
  • EVからビルに給電、エネルギーコスト・CO2削減を確認…日産とNTT 画像 EVからビルに給電、エネルギーコスト・CO2削減を確認…日産とNTT
  • スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など 画像 スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など
  • 小田原・県西エリア、再エネ充電EV 100台をカーシェア 脱炭素型地域交通モデル構築へ 画像 小田原・県西エリア、再エネ充電EV 100台をカーシェア 脱炭素型地域交通モデル構築へ

特集

おすすめのニュース