家族の運転を IoTで見守るサービス…オートバックス「くるまないと」発売へ

運転見守りサービス「くるまないと」
  • 運転見守りサービス「くるまないと」
  • 運転見守りサービス「くるまないと」
  • 運転見守りサービス「くるまないと」
  • くるまないとWebアプリ画面

オートバックスセブンは、安心・安全で豊かな生活に貢献する新ブランド「WEAR+i(ウェア アイ)」から、運転見守りサービス「くるまないと」を12月9日より公式オンラインショップにて販売を開始する。

くるまないとは、センサーを内蔵した車載型IoT機器を取り付けることで、車の位置情報や移動情報を家族(見守る人)に提供するサービス。急ブレーキや急加速、急ハンドルの回数を可視化し、過去の記録との比較から運転の傾向がわかる。また、事前にエリアを設定し、そのエリアから外に出た場合、メールで家族(見守る人)に連絡することもできる。

万一事故が発生した際(車両に取り付けた機器が一定以上の衝撃検知した際)には、専用のコールセンターから運転者に電話をし、状況に応じて救急車の手配などを行う。同時に、家族へは緊急通知が届き、コールセンターからも連絡が入る(コールセンター利用はオプション)。

本体価格(税別・取付工賃込)は1万9800円。利用料(税別・通信料込)は月額980円、初期登録費用(税別)は3000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • オートバックス、高齢者見守りAIロボット『ZUKKU』を10月4日発売 価格5万9800円 画像 オートバックス、高齢者見守りAIロボット『ZUKKU』を10月4日発売 価格5万9800円
  • オートバックス、見守りAIロボット「ZUKKU」発表 楽しい会話を通じて離れた家族をつなぐ 画像 オートバックス、見守りAIロボット「ZUKKU」発表 楽しい会話を通じて離れた家族をつなぐ
  • オートバックス、新ブランド「WEAR+i」設立 IoT活用の見守りサービスなど展開へ 画像 オートバックス、新ブランド「WEAR+i」設立 IoT活用の見守りサービスなど展開へ
  • 損保ジャパン日本興亜×ナビタイム、「子どもの見守り」に関する実証実験を開始 画像 損保ジャパン日本興亜×ナビタイム、「子どもの見守り」に関する実証実験を開始

特集

おすすめのニュース