メルセデスベンツ、電動化戦略を加速…新バッテリー工場が操業開始

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は12月4日、新たなバッテリー工場がタイ・バンコクで操業を開始した、と発表した。

新たなバッテリー工場は、メルセデスベンツの電動化戦略を加速するものだ。新工場で生産されるバッテリーは、二次電池として、メルセデスベンツのプラグインハイブリッド車(PHV)に搭載される。

具体的には、メルセデスベンツ『Cクラス』、『Eクラス』、『Sクラス』のPHVだけでなく、メルセデスベンツ『GLC』と『GLCクーペ』のPHVにも、新工場で生産されるバッテリーが搭載される予定だ。

ダイムラーは、メルセデスベンツ乗用車向けの世界的なバッテリー生産ネットワークに、10億ユーロ以上を投資している。バッテリー生産ネットワークは現在、世界3大陸の9工場で構成されている。

メルセデスベンツは、現在および将来のすべてのPHV向けに、あらゆる種類のバッテリーを新しい製造ラインで生産できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【メルセデスベンツ EQC 新型試乗】“EVらしさ”よりも“メルセデスであること”にこだわった…島崎七生人 画像 【メルセデスベンツ EQC 新型試乗】“EVらしさ”よりも“メルセデスであること”にこだわった…島崎七生人
  • テスラ サイバートラックは「アリ」か「ナシ」か?…ゼロヨン10秒で防弾ボディに航続距離800km 画像 テスラ サイバートラックは「アリ」か「ナシ」か?…ゼロヨン10秒で防弾ボディに航続距離800km
  • マツダ初の量産EV、『MX-30』…欧州仕様車を発表 画像 マツダ初の量産EV、『MX-30』…欧州仕様車を発表
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース