ナビタイム、川崎市に交通ビッグデータを提供 交通安全や渋滞対策を推進

取り組みイメージ図
  • 取り組みイメージ図

ナビタイムジャパンと川崎市は11月27日、ナビタイムの交通ビッグデータを活用して、川崎市の交通安全や渋滞対策等に関する取組を推進すると発表した。

川崎市では、総合計画の基本目標である「安心のふるさとづくり」と「力強い産業都市づくり」に向けて、交通安全対策や市域の交通網の整備を進めている。一方、ナビタイムジャパンでは、カーナビアプリから取得した自動車の走行実績データをもとに交通分析が可能なシステム「道路プロファイラー」を提供。これまでも本システムを活用し、研究機関や企業等が道路開通や工事規制前後での道路交通状況の変化などを分析している。

今回、川崎市はナビタイムジャパンのデータと国土交通省から提供を受けた交通ビッグデータを、道路の交通安全施設整備や渋滞対策などの計画および対策検討の基礎資料として活用することで、交通事故の削減および交通混雑の緩和を目指す。

ナビタイムジャパンは、「道路プロファイラー」を2019年11月26日から2020年3月31日まで川崎市に提供。主に対策前後の影響・効果について、川崎市が行う分析に協力する。なお、ナビタイムジャパンが自治体に「道路プロファイラー」を提供するのは、今回の取組が初めてとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボグループの働く車、100万台にコネクト搭載…ビッグデータを活用 画像 ボルボグループの働く車、100万台にコネクト搭載…ビッグデータを活用
  • ハコブ、ビッグデータを活用して物流課題を解決する構想を策定 画像 ハコブ、ビッグデータを活用して物流課題を解決する構想を策定
  • 東八道路/放射第5号線開通で渋滞緩和、ナビタイムが交通ビッグデータを活用して分析 画像 東八道路/放射第5号線開通で渋滞緩和、ナビタイムが交通ビッグデータを活用して分析
  • メルセデスベンツとマイクロソフト、ビッグデータプラットフォームを共同開発…MWC 2019で発表へ 画像 メルセデスベンツとマイクロソフト、ビッグデータプラットフォームを共同開発…MWC 2019で発表へ
  • ジャパンタクシー、タクシービッグデータを活用する「モビリティ研究開発部」を新設 画像 ジャパンタクシー、タクシービッグデータを活用する「モビリティ研究開発部」を新設

特集

おすすめのニュース