ボッシュ、EN規格タクシー専用バッテリー発売へ 高耐久AGMタイプなど2種類

ボッシュ EN規格タクシー専用バッテリー HVタクシー
  • ボッシュ EN規格タクシー専用バッテリー HVタクシー
  • 品番・スペック・仕様・保証

ボッシュは、EN規格タクシー専用バッテリー「HVタクシー」2タイプを12月2日より代理店向けに販売する。

2020年に向け、タクシー業界は観光ドライバーの研修をはじめ、ユニバーサルデザインタクシーの導入、配車サービスアプリによるデジタル化・IT化の推進など、都内を中心に急激に進化している。さらに、安全運転支援システム搭載の増加などにより、バッテリーにはより大きな容量が必要とされている。タクシーは個人の車に比べて6倍の距離を走るとされ、一般のバッテリーではトラブルが起こりやすく、1年以内で交換になるケースもある。

今回ボッシュが発売する専用バッテリー「HVタクシー」は高耐久性タイプのAGM(グラスマット吸収)とスタンダードタイプのカルシウム(液状)の2種類をラインアップする。

AGMは、スポンジ状のグラスマットにバッテリー液を吸収させた高性能バッテリー。安定した連続電力供給と優れた耐久性、完全メンテナンスフリーでより安心で安全な走行をサポートする。消費電量が増えた車両でも、タクシーの特徴である連続走行や長時間の待機などの負担に長期間持ちこたえられるよう、AMGタイプは業界最長の24か月24万kmを保証。また、カルシウムタイプは最長12か月12万kmの保証となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • BMW、バッテリー研究開発センターを公開…将来の電動車に搭載へ 画像 BMW、バッテリー研究開発センターを公開…将来の電動車に搭載へ
  • BMWグループが電動化を促進、次世代バッテリー調達の新契約…総額102億ユーロ 画像 BMWグループが電動化を促進、次世代バッテリー調達の新契約…総額102億ユーロ
  • 愛車のバッテリーサイズ、6割が「知らない」 GfKジャパン調べ 画像 愛車のバッテリーサイズ、6割が「知らない」 GfKジャパン調べ
  • 次世代タクシー配車アプリ「MOV」、事前確定運賃スタート 画像 次世代タクシー配車アプリ「MOV」、事前確定運賃スタート
  • 自動運転タクシー10台を使って実証実験 2020年夏に都内で実施 画像 自動運転タクシー10台を使って実証実験 2020年夏に都内で実施

特集

おすすめのニュース