ボッシュ、5Gネットワーク導入へ…ドイツの工場と研究所に2020年内メド

ボッシュの5G導入の未来の工場イメージ
  • ボッシュの5G導入の未来の工場イメージ
  • ボッシュの5G導入の未来の工場イメージ

ボッシュ(Bosch)は11月21日、ドイツ国内の工場と研究所に、2020年内をメドに5Gネットワークを導入すると発表した。

5Gネットワークでは、膨大な量のデータを非常に迅速に処理することができる。5G通信は工場や研究所において、低遅延かつ高い信頼性で、ギガビットの高速データ通信を可能にする。

ボッシュは今回、ドイツ・シュトゥットガルトの工場とレニンゲンの研究所に、5Gネットワークを導入するために、ドイツ当局にライセンス申請を行った。ドイツで周波数の割り当てを担当する規制当局は最近、制度を変更した。現在では企業が、企業内で使用する5Gのライセンスを取得できるようになった。

ボッシュが描く未来の工場には、床、壁、天井があるのみ。それ以外はすべて移動可能であり、自由に再構成できる。例えば、移動ロボットや自動運転車などの新しい支援システムがあり、従業員に最適なサポートを提供する。このような柔軟なシステムを構築するには、効率的な通信を可能にする強力なワイヤレスインフラが必要という。

ボッシュは今後、シュトゥットガルト工場とレニンゲン研究所で5Gネットワークの試験を行い、2020年内をメドに5Gネットワークを導入する計画だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース