ぶつけそう? 擦りそう? それならクルマを小さくすればいいじゃない

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 『カーセンサー』2020年1月号

『カーセンサー』2020年1月号
発行:リクルートホールディングス
定価:100円(本体価格91円+税)

狭い道をすり抜けたり、駐車したりする際に、肝を冷やしたことのある人も少なくないだろう。そんなヒヤリハットを軽減するため、『カーセンサー』編集部が導き出した答えは「クルマのサイズを小さくする」。そうすれば、8割が解決するという。

その答えを導き出した検証も合わせて掲載。編集部員がサイズの違うクルマで「狭い道での通り抜け」と「後ろ向き駐車」、「縦列駐車」で検証タイムアタック。クルマ選びの際に考慮すべき要素は何か?デザインや燃費、予算ともう一つ、クルマのサイズを考えなくてはならないのだ。そりゃあこの狭い日本で軽自動車が流行る訳だ。

気になる見出し……●クルマと何する? 中川翔子●小さくすれば8割解決!●どんなクルマと、どんな時間を。●Bosensor 2●買うなら今しかねぇ●人気車ゼミ 日産 スカイライン編●気になるクルマに会いに行こう! トヨタ アイシス(初代)

★出版・編集関連事業に携わる皆様へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮 画像 【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮
  • 【ホンダ フリード 新型試乗】コンパクトながら十分な車内空間はマジックのよう…島崎七生人 画像 【ホンダ フリード 新型試乗】コンパクトながら十分な車内空間はマジックのよう…島崎七生人
  • 【トヨタ ライズ 新型試乗】「走りも嗜みたい」に応えるポテンシャルがある…島崎七生人 画像 【トヨタ ライズ 新型試乗】「走りも嗜みたい」に応えるポテンシャルがある…島崎七生人
  • 【池原照雄の単眼複眼】マツダ、魂動デザインを実現する生産・デザインの強力タッグ 画像 【池原照雄の単眼複眼】マツダ、魂動デザインを実現する生産・デザインの強力タッグ

特集

おすすめのニュース