保線作業の担い手不足をカバー…JR西日本、終発繰上げで作業時間を確保へ

JR西日本が示した保線作業の現状。
  • JR西日本が示した保線作業の現状。
  • 少ない人数で保線作業を行なうためのさまざまな環境づくり。
  • 少ない人数で保線作業を行なうための機械化の取組み。
  • 減少傾向にあるという、主要駅における深夜帯の利用率。
  • 作業時間確保ための深夜帯ダイヤ見直しイメージ。始発はそのままで終発を繰り上げる。大阪駅の終発を24時とした場合、1日あたりの作業時間が延長された分、年間の作業日数が10%程度減少するという。

JR西日本は10月24日に行なった社長会見で、近畿圏の在来線で終発の繰上げなど、深夜帯ダイヤの見直しを検討する考えを示した。

近畿圏の在来線では、現在、1日あたり100か所以上で1500人規模の社員や建設会社作業員が保線作業に従事しているが、列車密度の高さから、終発から始発までの深夜帯に作業を行なっており、作業時間の逼迫や土休日に休みにくいという問題がある。

そのため、昨今、急速に担い手が減少しており、建設業全体で作業員が9%減少していると言われるこの10年間、JR西日本のグループ会社では23%減少しているという。

このことに鑑み、JR西日本では「将来の鉄道を担う若い世代が働きやすい環境を整えることは喫緊の課題」としており、少ない人数で安全に保線作業を行なえるよう、レール継ぎ目の除去や枕木のコンクリート化など線路設備の強靱化を進めているほか、架線の一体化など設備の簡素化、少人数の作業に対応した保線機械の導入・開発も行なってきた。

一方で近年、帰宅自宅が早まる傾向にあり、主要駅における深夜時間帯の利用が減少していることから、24時以降を中心に終電の繰上げを行ない、その分、保線作業の時間を確保することで作業の総日数を減少させ、さまざまな安全対策工事を円滑に行なうことを検討していくという。

ただし、観光ポイントが多く、鉄道路線網が複雑な近畿圏では、他の鉄道との調整や、旅客の波動を考慮する必要があることから、JR西日本では「他鉄道などとの乗換利便を含めた最終電車付近のダイヤの調整、夜の都市観光、いわゆるナイトタイムエコノミーについては今後の市中イベントや観光施設などの深夜営業の動向、といった要素も勘案していきます」としており、ダイヤの見直しを柔軟に行なっていく考えも示している。

保線作業員の確保は鉄道業界にとって深刻な問題になりつつあり、JR北海道では列車密度が低い釧網本線網走~緑間で「線路集中メンテナンス日」を設定し、日中の列車を運休して作業を行なっている例がある。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本の新幹線にも線路設備モニタリング装置…保守用車に試験導入 10月から 画像 JR東日本の新幹線にも線路設備モニタリング装置…保守用車に試験導入 10月から
  • 線路保守点検中の列車待避をより確実に…JR東海が列車見張員の支援システムを改良へ 画像 線路保守点検中の列車待避をより確実に…JR東海が列車見張員の支援システムを改良へ
  • 日中の列車を運休して保線を集中的・効率的に…JR北海道が線路集中メンテナンス日を設定 画像 日中の列車を運休して保線を集中的・効率的に…JR北海道が線路集中メンテナンス日を設定

特集

おすすめのニュース