日米貿易協定が最終合意、自動車・自動車部品は継続協議

マツダ CX-3 の船積み風景(参考画像)
  • マツダ CX-3 の船積み風景(参考画像)

経済産業省は9月26日、日米貿易協定が合意したと発表した。

米国が日本の自動車・自動車部品に課している関税については「更なる交渉による関税撤廃」として、具体的な関税撤廃期間や原産地規則は協定に規定せず、継続協議することとなった。

また、交渉中は、米通商拡大法232条に基づく日本からの輸入車への追加関税を課さないことを確認した。輸入車の数量制限や、輸出自主規制などの措置を課すことはないことも閣僚間で確認した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自工会の豊田会長、米国の輸入車・部品の関税引き上げ「慎重な判断を強く希望する」 画像 自工会の豊田会長、米国の輸入車・部品の関税引き上げ「慎重な判断を強く希望する」
  • 中国政府、米国車に対する25%の追加関税を一時停止…2019年1月から3か月間 画像 中国政府、米国車に対する25%の追加関税を一時停止…2019年1月から3か月間
  • TPP6か国先行で12月30日発効---自動車はカナダ向け関税5年目ゼロなど[新聞ウォッチ] 画像 TPP6か国先行で12月30日発効---自動車はカナダ向け関税5年目ゼロなど[新聞ウォッチ]
  • 自工会、豊田会長の任期を2022年まで2年延長を決定…西川副会長は辞任 画像 自工会、豊田会長の任期を2022年まで2年延長を決定…西川副会長は辞任

特集

おすすめのニュース