プロトコーポレーション、スクーターシェアサービスに参画

プロトコーポレーションは、OpenStreetと業務提携し、同社が9月20日より提供開始するスクーターシェアサービス「ハロースクーター」にMaaS領域のディストリビューターとして参画すると発表した。

ハロースクーターは、専用アプリにて、スクーターの貸出および返却場所である「ステーション」の検索、利用予約、決済までの一連の手続きを行うことができる。また、「ワンウェイトリップ(乗り捨て)方式」を採用し、エリアを問わず全ステーションに返却することができる。

料金は、月額1000円(無料クーポン500円付)と利用単位従量課金型で、15分160円、3時間1500円、6時間2800円、12時間4500円、24時間6500円。新宿、目黒、新橋の3エリアからサービスを開始する。

プロトコーポレーションはバイクポータルサイト「グーバイク」、バイク専門サイト「バイクブロス」を運営。ユーザーのバイクに乗れる「体験」の機会を提供することが重要であるという想いから、ハロースクーターへの参画を決定した。

プロトコーポレーションはOpenStreetが提供するハロースクーター管理コンソールを用いたサービスの利用状況や運営状況の把握や管理を行う役割を担当。MaaS領域のディストリビューターとしてOpenStreetとともに、サービスの普及を進めていく。また、グーバイクやバイクブロスの運営リソースを活用し、全国のバイク販売店等のネットワークを通じたシェアスクーターの運営管理等およびメンテナンス・点検等の提供、メディアとして認知活動のサポート等を検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース