メルセデス ベンツの次世代電動車、バッテリーは100%再生可能エネルギーからの電力で生産へ

メルセデスベンツの電動車、「EQ」シリーズ(フランクフルトモーターショー2019)
  • メルセデスベンツの電動車、「EQ」シリーズ(フランクフルトモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ EQC(欧州仕様)
  • メルセデスベンツEQV

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は9月10日、次世代の電動車向けのバッテリーを、100%再生可能エネルギーからの電力を利用して生産すると発表した。

メルセデスベンツは、新世代の電動車シリーズとして、「EQ Power」(EQパワー)を立ち上げた。メルセデスベンツは2020年までに、20車種以上にEQ Powerを拡大することを目指している。

その一環としてメルセデスベンツは、EQ Power 車を含めた次世代の電動車向けのバッテリーを、100%再生可能エネルギーからの電力を利用して生産する。

メルセデスベンツは中国のFarasis Energy社と提携した。同社と協力しながら、水力、風力、太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーから生み出された電力を、バッテリーセルの生産に使う計画だ。

メルセデスベンツはまず、ドイツの建設中のバッテリー工場を、稼働当初からカーボンニュートラルにする。その後、米国と中国のバッテリー工場が、カーボンニュートラルの工場として稼働する予定、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ3 新型】マイルドハイブリッドシステム用バッテリーに東芝の二次電池「SCiB」を採用 画像 【マツダ3 新型】マイルドハイブリッドシステム用バッテリーに東芝の二次電池「SCiB」を採用
  • トヨタ、中国CATL社と新エネルギー車用電池で提携 画像 トヨタ、中国CATL社と新エネルギー車用電池で提携
  • VWグループ、電動化を加速…リチウムイオン電池の新工場を建設へ 画像 VWグループ、電動化を加速…リチウムイオン電池の新工場を建設へ
  • EV向け二次電池世界市場、2030年には7.4倍の8兆5844億円に拡大 富士経済 画像 EV向け二次電池世界市場、2030年には7.4倍の8兆5844億円に拡大 富士経済

特集