ドラ割「ウィンターパス2020」発売へ、首都圏-蔵王など新プラン登場…NEXCO東日本

ドラ割「ウィンターパス2020」
  • ドラ割「ウィンターパス2020」
  • 販売価格(首都圏発着・仙台発着)
  • 販売価格(新潟発着・北陸発着)

NEXCO東日本は、スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツに活用できる、ドラ割「ウィンターパス2020」を発売する。

ドラ割は普通車・軽自動車のETC車を対象に、指定する発着エリアから目的地エリアまでの1往復を定額で利用できるというもの。昨シーズンは、首都圏・仙台・新潟・北陸から湯沢・沼田・水上、白馬・志賀・妙高、菅平・軽井沢、猪苗代・磐梯、那須・塩原、安比・八幡平方面へ利用できるプランを販売したが、今シーズンは首都圏から蔵王方面と仙台から夏油方面へのプランを新たに販売する。

利用料金(普通車)は、首都圏発着の湯沢・沼田・水上プランの場合、平日昼間通常料金9100円が6100円に、猪苗代・磐梯プランは1万2240円が8700円となる。

利用期間は2019年12月6日から27日および2020年1月6日から4月6日のうち、連続する最大3日間。クリスマス時期も利用可能。申込受付は11月14日よりインターネット「ドラぷら」または「ドラぷらモバイル」から受け付ける。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • NEXCO 3社、消費税増税分を高速道路料金に転嫁 画像 NEXCO 3社、消費税増税分を高速道路料金に転嫁
  • NEXCO中日本、AI活用による渋滞予測技術の開発に着手 画像 NEXCO中日本、AI活用による渋滞予測技術の開発に着手
  • NEXCO東日本と電力会社4社、災害時の迅速な復旧活動で連携 画像 NEXCO東日本と電力会社4社、災害時の迅速な復旧活動で連携

特集

おすすめのニュース