ホンダ、作業機械メーカー向け新型汎用エンジン iGXシリーズの国内受注開始

ホンダ iGX800
  • ホンダ iGX800
  • ホンダ iGX700
  • ホンダ iGXV800

ホンダは、汎用エンジン「iGX」に新型のV型2気筒(Vツイン)シリーズ4モデルを追加し、9月より国内作業機械メーカーからの受注を開始する。供給は2020年2月より順次開始予定。

新型iGX Vツインシリーズは、独自の回転数電子制御技術「電子ガバナー(STRガバナー)」を採用。ECU(電子制御ユニット)がスロットル開度を常に制御することで搭載作業機械が要求する作業回転数やアイドル回転数などを正確に保持する。さらにFI(電子制御燃料噴射)システムや、リモート制御も可能なDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)などを採用することで、より複雑で高度な用途に対応するとともに、優れた燃費性能と高い作業効率を実現している。

iGX Vツインシリーズは、iGX800(ホリゾンタル型779cc、最大出力25.3ps)、iGXV800(バーチカル型779cc、最大出力25.3ps)、iGX700(ホリゾンタル型688cc、最大出力22.4ps)、iGXV700(バーチカル型688cc、最大出力22.4ps)の4モデルをラインアップ。

新型iGX Vツインシリーズは、米国ラスベガスで開催された商業建築機械の国際見本市「ワールドオブコンクリート2019」(1月22~25日)で発表しており、北米地域を中心に海外の各種作業機械メーカーへの供給を順次開始する。

あおり運転による事故や事件が発生し、ドライブレコーダーが注目されている。使用する際に気をつけなければならないのは、記録媒体のSDカードについて…

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、汎用エンジン『GCV』シリーズを全面改良 クラス最大の出力・トルクを実現 画像 ホンダ、汎用エンジン『GCV』シリーズを全面改良 クラス最大の出力・トルクを実現
  • スバル、汎用エンジンなど産業機器事業を終了---66年の歴史に幕 画像 スバル、汎用エンジンなど産業機器事業を終了---66年の歴史に幕
  • 富士重、汎用エンジンの一部および米国販売会社をヤマハ発動機へ譲渡 画像 富士重、汎用エンジンの一部および米国販売会社をヤマハ発動機へ譲渡

特集

おすすめのニュース