カトウ、ホイールクレーン5機種で改善対策 ドアが脱落するおそれ

カトウKR-25H型ラフター
  • カトウKR-25H型ラフター
  • 改善箇所

加藤製作所は9月6日、ホイールクレーン5車種について、スライドドアに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは、「カトウKR-25H型ラフター」「カトウKR-50H型ラフター」「カトウKR-80H型ラフター」「カトウKRM-13H型ラフター」「カトウKRM-20H型ラフター」の5車種で、2016年6月10日から2019年4月11日に製造された1693台。

運転者席スライドドアにおいて、センターローラブラケットのローラの材質が不適切なため、ドア開閉を繰り返すとローラおよびローラ取付けピンが早期に摩耗することがある。そのため、ドアにガタが発生して、最悪の場合、開閉時にドアが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、センターローラブラケット一式を対策品に交換する。不具合は159件発生、事故は起きていない。市場からの情報により改善対策を届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • カトウ、ホイールクレーンのアクセルが戻らなくなるおそれ リコール 画像 カトウ、ホイールクレーンのアクセルが戻らなくなるおそれ リコール
  • 日立建機、ショベルローダ ZX145W-3 をリコール 走行不能となるおそれ 画像 日立建機、ショベルローダ ZX145W-3 をリコール 走行不能となるおそれ
  • キャタピラ ショベルローダ、エンジン停止のおそれ リコール 画像 キャタピラ ショベルローダ、エンジン停止のおそれ リコール

特集

おすすめのニュース