装着簡単、タンデム可能な「防水シングルサイドバッグ」発売

普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • ターポリンシングルサイドバッグ
  • リアシート横に収まるサイズで、二人乗りを可能にした。
  • 【装着事例】ホンダ CBR250RR (MC51)
  • 【装着事例】カワサキ ZX-10RR (ZXT02E)
  • 【装着事例】カワサキ NINJA250 (EX250P)
  • 【装着事例】スズキ GSX1300R (GX72B)
  • 独自の片持ち設計で、簡単装着とタンデム走行を可能にした。

ツーリング・ガレージングブランド「ドッペルギャンガー」を展開するビーズは、独自の片持ち設計で簡単に装着できるほか、タンデム(二人乗り)走行も可能な防水仕様のバイク用バッグ「ターポリンシングルサイドバッグ DBT508-BK」を9月3日より発売する。

バイク用サイドバッグは、車体の左右に取り付けるダブルバッグが主流だが、着脱が面倒などのデメリットもある。今回の新製品は、ドッペルギャンガー独自の片持ち設計で、スピード着脱と二人乗りを可能にしたもの。

容量は一般的なバックパックと同程度で、普段使いしやすい14リットル。 25mm幅のベルトに対応した独自設計のGフックをループに通してテンションを掛けることで、簡単・スピード装着を実現したほか、バッグをリアシート横に収まるサイズに抑えたことで、二人乗りも可能にした。

さらに、バッグ本体接続用のループ(15mm幅)と、通常のデイジーチェン(40mm幅)を両方を備えたアタッチベルトは、バッグ本体の固定ベースとなるだけでなく、リアシート上に荷物を積載する荷掛けフックにもなり、普段使いから日帰りツーリングでも便利な仕様とした。 リッターバイクから250ccまで幅広い車種に装着可能としている。

素材はターポリン(仮設テントなどに使われる、繊維を柔らかい合成樹脂フィルムではさんだ防水シート)。重量は0.9kgで、カラーはブラックのみ。価格はオープンで、参考価格は8900円(税別)。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 愛車に干渉しないタンクバッグ・ホルスターバッグ、ドッペルギャンガーが発売 画像 愛車に干渉しないタンクバッグ・ホルスターバッグ、ドッペルギャンガーが発売
  • 「俺は濡れても荷物は濡らさない」ターポリン素材のバイク用バッグ発売 ドッペルギャンガー 画像 「俺は濡れても荷物は濡らさない」ターポリン素材のバイク用バッグ発売 ドッペルギャンガー
  • モーターサイクル用スリングバッグ兼タンクバッグ、ドッペルギャンガーから発売 斜めがけで持ち運び 画像 モーターサイクル用スリングバッグ兼タンクバッグ、ドッペルギャンガーから発売 斜めがけで持ち運び
  • ドッペルギャンガー、ガリガリ君も溶けないバイク用クーラーバッグ発売 画像 ドッペルギャンガー、ガリガリ君も溶けないバイク用クーラーバッグ発売

特集