グーグル、自動運転車の走行テストを豪雨地帯で開始…センサーの性能を確認

グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • ウェイモの自動運転実験車。ベースはジャガーI-PACE。

グーグル(Google)の自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は8月20日、自動運転車両の走行テストを豪雨地帯で開始した、と発表した。

ウェイモはFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)やジャガー・ランドローバーなどの自動車メーカーと協力しながら、自動運転技術を搭載した市販車の市場投入を目指している。現在、FCAのクライスラー『パシフィカ』やジャガー・ランドローバーのEV、ジャガー『I-PACE』をベースにした自動運転開発車両の走行テストを行っている。

ウェイモは今回、自動運転車両の走行テストを豪雨地帯で開始したと発表した。ウェイモは、米国フロリダ州のマイアミを、走行テストの場所に選定した。ハリケーンシーズンの夏の間、マイアミは米国で最も雨の多い都市の1つ。平均で年間およそ1600mmの雨が降り、米国内で最も激しい気象条件の地域だ。

ウェイモによると、豪雨は自動運転車のセンサーに多くのノイズを発生させる可能性があるという。また、濡れた路面では、他の道路利用者の行動も晴天時とは異なってくる。ウェイモはフロリダ州での走行テストによって、雨が自動運転車両の動きにどのように影響するかを、研究していく。

また、ウェイモは、LiDAR(ライダー)、カメラ、レーダーなどのセンサーを豪雨の中でテストし、その性能を確認する。ウェイモは、大雨での実際の運転状況のデータを収集する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • スバル岡田専務、自動運転は「無人運転ではなくADASを中心に進めていく」 画像 スバル岡田専務、自動運転は「無人運転ではなくADASを中心に進めていく」
  • 自動運転では3倍増加すると予想の車酔い、防ぐための技術開発とは…ZF 画像 自動運転では3倍増加すると予想の車酔い、防ぐための技術開発とは…ZF
  • BMWの次世代EV、『iNEXT』に多角形ステアリングホイール…自動運転と手動運転の切り替えに配慮 画像 BMWの次世代EV、『iNEXT』に多角形ステアリングホイール…自動運転と手動運転の切り替えに配慮

特集

おすすめのニュース