スマートバリュー、MONETコンソーシアムに参画、GaaSで協力

MONET
  • MONET

スマートバリューは8月21日、ソフトバンクやトヨタ自動車などが共同出資したMONET(モネ)テクノロジーズが設立した「MONETコンソーシアム」に参画したと発表した。

スマートバリューは、2019年5月からは石川県加賀市で行政サービスをデジタル化する住民ID基盤「GaaS」(ガバメントアズアサービス)の提供を開始した。ブロックチェーン技術を用いた日本初の住民ID基盤で、段階的に実証実験を行い、行政サービスや手続きの電子化を推進している。

今回、GaaSプラットフォーム上で管理される住民IDに応じて最適な移動手段を提供し、地方の交通弱者へのサービス提供を推進するとともに、MONETコンソーシアムの目的である「移動における社会課題の解決や新たな価値創造」の実現を目指す。

MONETコンソーシアムは、次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決、新たな価値創造を目的に、企業間の連携を推進するため設立された。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「MONET Biz」今秋サービス開始に向け実証実験 社用車を複数企業で共同利用 画像 「MONET Biz」今秋サービス開始に向け実証実験 社用車を複数企業で共同利用
  • MONETと加賀市、連携協定を締結…乗合タクシーのデータを収集 画像 MONETと加賀市、連携協定を締結…乗合タクシーのデータを収集
  • イード、MONETコンソーシアムに参画 5Gモビリティを通じてMaaS普及へ貢献 画像 イード、MONETコンソーシアムに参画 5Gモビリティを通じてMaaS普及へ貢献
  • 6歳未満幼児のチャイルドシート、3割が未着用[新聞ウォッチ] 画像 6歳未満幼児のチャイルドシート、3割が未着用[新聞ウォッチ]

特集