「まるで走るホテル」西鉄、史上最高級のラグジュアリーバスを今秋導入 改造費6000万円

グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス
  • グランデイズ・ラグジュアリーバス

西日本鉄道は、上質かつ特別な新バスツアーブランド「グランデイズ」の立ち上げに伴い、同社史上最高級ラグジュアリーバスを2019年10月に導入すると発表した。

今回導入するラグジュアリーバスは、「One-Seat HOTEL」をコンセプトとし、約6000万円をかけて改造した、西鉄史上最高級のラグジュアリーバス。2名掛けシートを6列に配置し、空間を贅沢に使用。12席という限定仕様で特別なプライベートスペースを創出している。内装には、国産木材の温もりある風合いと、上品な色合いが特徴の「大川家具(福岡県大川市)」を使用。座席には、高級本革を使用したドイツ直輸入のシートを採用し、旅の優越感と高揚感を高める。

ツアーの企画にあたっては、地域の魅力に精通しており、まちおこしや地方創生に取り組む企業4社と提携。高級旅館への宿泊や趣向を凝らした料理だけではなく、地域の「知られざる」「特別な」「その地域ならでは」の体験ができるツアーを提供する。

ツアー費用(2名1室)は「日本のキリシタンの歴史 雲仙3日間」が19万8000円、「デラックスバスで行く 山口の絶景巡り&山陰の小京都・津和野探訪(1泊2日)」が9万9000円など。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • リビングにラウンジ、最新ITシステムも完備…新型キャンピングカーの豪華すぎる内容 画像 リビングにラウンジ、最新ITシステムも完備…新型キャンピングカーの豪華すぎる内容
  • 1日4時間、12日間で100万円…豪華バス「菫」が始動 画像 1日4時間、12日間で100万円…豪華バス「菫」が始動
  • まさにビリオネア、ロールスロイス カリナン の超豪華カスタムはお手頃価格? 画像 まさにビリオネア、ロールスロイス カリナン の超豪華カスタムはお手頃価格?
  • 豪華バス『菫』を開発、日本一周の旅…阪急交通社 画像 豪華バス『菫』を開発、日本一周の旅…阪急交通社

特集