東日本大震災の復興道路・復興支援道路は2020年度末までの全線開通にメド

復興道路・復興支援道路の整備状況
  • 復興道路・復興支援道路の整備状況

国土交通省は、東日本大震災の復興道路・復興支援道路が2020年度までに全線開通すると発表した(8日)。

東日本大震災からの復興に向けたリーディングプロジェクトとして、国土交通省が中心となって整備を進めている復興道路・復興支援道路の路線全長550kmの整備を進めている。

今回新たに三陸沿岸道路・普代~久慈間の25km、三陸沿岸道路・田野畑南~尾肝要患間の6km、宮古盛岡横断道路・平津戸・岩井~松草間の7km、三陸沿岸道路・気仙沼~唐桑南間の7km、相馬福島道路・霊山~福島間の2kmがそれぞれ2020年度末に開通する予定となった。

この結果、復興・創生期間内の2020年度までに全線開通する見通しとなった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ、東日本大震災で被災した中高生の仏ホームステイを支援 画像 マツダ、東日本大震災で被災した中高生の仏ホームステイを支援
  • 首都高速道路会社、震災を想定した橋梁被害の復旧訓練を実施 画像 首都高速道路会社、震災を想定した橋梁被害の復旧訓練を実施
  • NISSAN e-シェアモビ、福島復興のシンボル「Jヴィレッジ」にステーションオープン 画像 NISSAN e-シェアモビ、福島復興のシンボル「Jヴィレッジ」にステーションオープン
  • 九州北部豪雨でJAF救援要請が急増、アンダーパスや冠水路を避けるよう注意喚起 画像 九州北部豪雨でJAF救援要請が急増、アンダーパスや冠水路を避けるよう注意喚起

特集