リアルタイムに車両の状態を把握…JR西日本の電車に「モニタ状態監視装置」を導入 2019年度から

大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系にもモニタ状態監視装置が導入される。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系にもモニタ状態監視装置が導入される。
  • モニタ状態監視装置の導入イメージ。

JR西日本は8月9日、京阪神地区で運行している在来線電車に、2019年度からモニタ状態監視装置を順次導入すると発表した。

これは、指令所で運転台の計器盤や車両モニタ画面をリアルタイムに確認することができる装置で、車両の状態把握や位置のリアルタイム表示、各機器の動作情報取得も可能。

JR西日本ではこの導入により、運転士と指令員との間で情報伝達を迅速に行なえることが期待できるとしており、同時に得られるビッグデータを活用して、CBM(Condition Based Maintenance)と呼ばれる「車両の状態に応じた予防保全」の実現も目指すとしている。

搭載対象は1991年以降に新造された形式のおよそ610編成となるが、そのすべてに搭載されるのは2024年度となる予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR貨物が車両状態監視の自動化に着手---青函向けEH800形機関車に導入 画像 JR貨物が車両状態監視の自動化に着手---青函向けEH800形機関車に導入
  • 電車の状態を自動測定…JR西日本が車両状態監視装置を導入へ 2018年春 画像 電車の状態を自動測定…JR西日本が車両状態監視装置を導入へ 2018年春

特集