ウーバーが赤字拡大、売上高は14%増 2019年第2四半期決算

ウーバー本社(米カリフォルニア州)
  • ウーバー本社(米カリフォルニア州)
  • ウーバーの公式サイト

配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は8月8日、2019年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、2019年第2四半期の売上高は、31億6600万ドル(約3355億円)。前年同期の27億6800万ドルに対して、14%増加した。

一方、2019年第2四半期の最終損益は、52億3600万ドル(約5550億円)の赤字。前年同期の8億7800万ドルの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字決算となった要因のひとつが、5月の新規株式公開(IPO)の関連費用として、2億9800万ドルを計上したこと。また、第2四半期は主力の配車サービス部門の売り上げが鈍った。その一方、料理宅配サービス部門の売り上げは伸びている。

ウーバー・テクノロジーズのネルソン・チャイCFO(最高財務責任者)は、「成長への積極的な投資を続ける。健全な成長を望んでおり、今四半期はその目標に向けて大きく前進した」と語っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、中国配車サービス最大手DiDi社とMaaS領域で協業拡大 合弁会社設立へ 画像 トヨタ、中国配車サービス最大手DiDi社とMaaS領域で協業拡大 合弁会社設立へ
  • タクシー配車アプリで事前予約 DiDiモビリティジャパンが東京エリアで機能追加 画像 タクシー配車アプリで事前予約 DiDiモビリティジャパンが東京エリアで機能追加
  • JapanTaxiが訪日外国人向けアプリと連携、ボタン一つでタクシー配車 画像 JapanTaxiが訪日外国人向けアプリと連携、ボタン一つでタクシー配車

特集

おすすめのニュース