ヤマハ、産業用無人ヘリコプターなどを展示…アフリカ開発会議併催のジャパンフェア

ジャパン・フェア展示予定の「次世代産業用無人ヘリコプター」
  • ジャパン・フェア展示予定の「次世代産業用無人ヘリコプター」
  • パシフィコ横浜(資料画像)

ヤマハ発動機は、8月28日から30日までパシフィコ横浜で行われる第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に併せて開催される日本貿易振興機構(JETRO)主催の「日本・アフリカビジネスフォーラム&EXPO」ジャパン・フェアに出展する。

同社は1960年代からアフリカ市場に進出し、現在アフリカ52ヵ国で事業展開している。ブースでは、同社の事業活動や取り組みをアフリカ各国の関係者にPRするため、アフリカビジネスをESG(環境、社会、ガバナンス)視点で、「クリーンウォーター」「ブルーエコノミー」「防災」の3つのテーマに分けて展示する。

主な展示物は、小型浄水装置「ヤマハクリーンウォーターサプライシステム」(模型)、船外機や現地で使用されているボート(模型)、産業用無人ヘリコプター、モーターサイクル。それぞれ説明パネルや映像なども使い、各製品の有用性を紹介する。

アフリカ開発会議(TICAD = Tokyo International Conference on African Development)は、アフリカの開発をテーマとする国際会議。1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)、世界銀行と共同で開催されている。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集