【鈴鹿8耐】ルマン24時間主催のACO ピエール・フィヨン会長来場へ

ACOピエール・フィヨン代表(左端)とモビリティランド山下晋社長(右端)
  • ACOピエール・フィヨン代表(左端)とモビリティランド山下晋社長(右端)
  • ルマンアワード

モビリティランドは、7月28日に決勝レースを行う「2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会」に、ルマン24時間耐久ロードレースを主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)のピエール・フィヨン会長が来場すると発表した。

フィヨン会長の来場は、両大会がともに40回の記念大会を迎えた2017年以来2度目。今回、フィヨン会長は決勝レースのスタートセレモニーに出席するほか、「ルマンアワード」のプレゼンターを務める。

両社は2019年2月、相互のサーキットの代表的なレースである「鈴鹿8時間耐久ロードレース」と「ル・マン24時間ロードレース」を友好レースとして位置づけることで、アジアと欧州をモータースポーツでつなぎ、世界的なモータースポーツ文化の発展に寄与することを目的として、ル・マンと鈴鹿サーキットに関する友好協定を締結。今回の訪問および「ル・マンアワード」の贈呈はこの一環となる。

●フィヨン会長のコメント

ルマン24時間ロードレースと同じく、鈴鹿8耐は1978年に初開催され、ともに伝統を尊重しつつ、参加者と観客の快適さと楽しさのために刷新を続けています。オートバイレースについて、そしてそれをどう発展させて行くべきかについて、私たちは価値観とビジョンを共有しています。ル・マンと鈴鹿のパートナーシップは、ともに前進するための私たちの試みにおける、ひとつの自然なステップなのです。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ルマン24時間×鈴鹿8耐、相互にアワードを設定 友好協定締結 画像 ルマン24時間×鈴鹿8耐、相互にアワードを設定 友好協定締結
  • 【鈴鹿8耐】ファクトリー復活2年目のレッドブルホンダ、5年ぶりの優勝奪還へ 画像 【鈴鹿8耐】ファクトリー復活2年目のレッドブルホンダ、5年ぶりの優勝奪還へ
  • 全日本ロードレース最終戦 MFJグランプリ、9月8日より前売りチケット発売 ルマン式キャンプの開催も決定 画像 全日本ロードレース最終戦 MFJグランプリ、9月8日より前売りチケット発売 ルマン式キャンプの開催も決定

特集