【夏休み】水陸両用バス「スカイダック」が「ピカチュウ」に変身

2018年の様子
  • 2018年の様子
  • 2018年の様子
  • 車両イメージ
  • ピカチュウ大量発生チュウ!2019
  • スカイダック入水シーン
  • 水陸両用バス「スカイダック」
  • 2018年の様子
  • 水陸両用バス「スカイダック」

日の丸自動車興業は、横浜市みなとみらい地区で開催される夏の恒例イベント「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」(8月6~12日)とタイアップし、水陸両用バス「スカイダック」の一部車両をピカチュウ仕様に変更し、7月12日から9月1日まで運行する。

スカイダックは、バスがノンストップで陸上から水上に入る、他ではできない体験が味わえることが魅力の水陸両用バス。2013年より東京初の水陸両用バスとして運行を開始し、今では業平地区、横浜地区、豊洲地区、台場地区、銀座地区、と首都圏に拡大している。

ピカチュウ仕様のスカイダックは、 みなとハイカラコース(日本丸メモリアルパーク~横浜三塔~赤レンガ倉庫~航路~日本丸メモリアルパーク)、お台場パノラマコース(東京テレポート駅~フジテレビ~航路~自由の女神~東京テレポート駅)、豊洲・東京ビューコース(東京テレポート駅~豊洲市場~豊洲~航路~豊洲~有明~東京テレポート駅)をメインに運行する。

料金は大人3500円、子ども1700円。期間中は、特別デザインの乗車チケットをプレゼントする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集