自動運転関連の求人、前月比2.5%増の1万6526件 自動車メーカーからの採用増える

主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数の推移
  • 主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数の推移

自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は6月20日、国内における自動運転関連求人数の最新調査を発表。求人数は前月比2.5%増の1万6526件となった。

主要6転職サイト(Indeed、doda、リクナビNEXT、マイナビ転職、ランスタッド、エン転職)すべてで関連求人件数が増え、関連求人数が元々多いIndeedが前月比0.9%増の1万4661件と伸びが一服したために調査全体での増加率は1桁台に留まった。

そのほかの転職サイト別では、dodaが同9.7%増の1285件、リクナビNEXTが同53.6%増の292件、マイナビ転職が同11.5%増の77件、ランスタッドが同24.7%増の151件。エン転職が同25.0%増の60件。全サイトで増加となった。

これまでは、ティア1企業(一次部品メーカー)やシステム開発企業による採用案件が多くみられたが、大手自動車メーカーによる自動運転人材の専門職採用案件も目立ちつつある。想定給与幅の上限が正社員で年収1000万円を超える案件も増えてきており、人材不足が続く自動運転領域における給与水準の変化にも注目だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集