VWグループ、新組織「Car.Software」立ち上げ…コネクトや自動運転を集約

VWグループの新組織「Car.Software」のイメージ
  • VWグループの新組織「Car.Software」のイメージ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ(参考画像)
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ(参考画像)

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は6月18日、コネクティビティや自動運転、デジタル分野の専門家を集約した新組織、「Car.Software」を立ち上げると発表した。

Car.Softwareでは2025年までに、フォルクスワーゲングループ内のソフトウェア開発、電子機器開発、コネクティビティ、自動運転、ユーザーエクスペリエンス、クラウドアーキテクチャー、eコマースなどに携わる5000名以上の専門家を集約する。

フォルクスワーゲングループは、新世代EVの『ID.3』を皮切りに、「vw.OS」と呼ばれる車両オペレーティングシステムを導入する予定だ。現在の車では、最大でおよそ70個もの異なるコントロールユニットが搭載されている。新しいITアーキテクチャーでは、各メーカー固有のソフトウェアで作動するこうしたユニットが不要になる。

その代わりに、車両の制御は、統一されたプログラミング言語を使用した数台のコンピューターに集約される。将来的には、ソフトウェアは1つのプログラム ソースから制作されることになる。フォルクスワーゲングループ車の顧客は、車両オペレーティングシステムのvw.OSをベースにしたサービスを体験することが可能になる。

Car.Softwareでは、専門家がコネクティビティや自動運転など5つの主要分野に取り組み、各ブランド向けのパッケージを開発していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集