山陽電鉄3000系に紺色と黄色の復刻カラー…オリジナルの鋼製車3030号 7月6日から

旧塗色だった1986年頃の3000系3030号。
  • 旧塗色だった1986年頃の3000系3030号。
  • 3000系の現在の塗装

兵庫県の山陽電気鉄道(山陽電鉄)は6月4日、同社の鋼製車としては未更新で残るオリジナル車である3000系電車3030号(4両編成)を、昭和時代のカラーに復刻すると発表した。

近年、6000系への置換えが進められている3000系は、1968年に開業した神戸高速鉄道を介して阪急電鉄(阪急)や阪神電気鉄道(阪神)へ乗り入れることを視野に、1964年から1971年まで3次にわたり製造された山陽電鉄の標準的な通勤型電車。

1964年に登場した1次車はアルミ車体で登場したが、1967年に登場した2次車からは鋼製車体となり、塗色は、今回復刻される当時の山陽電鉄の標準色である紺色と黄色のツートンカラーだった。

復刻色の3030号は7月6日から2021年春頃まで運行されるが、それを前にした7月5日には山陽姫路11時45分発の貸切イベント列車が東二見まで運行される。

この列車は140人を募集し、旅行代金は3000円。申込みは6月5日12時から山陽電鉄のウェブサイトで受け付ける。締切は6月14日16時59分。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集