グリーンスローモビリティシンポジウムを開催、事業化のヒント 大阪で6月13日

グリーンスローモビリティの例
  • グリーンスローモビリティの例
  • グリーンスローモビリティの例
  • グリーンスローモビリティシンポジウムのポスター

国土交通省は、マイドームおおさか(大阪市)で「グリーンスローモビリティシンポジウム」を6月13日に開催すると発表した。

国土交通省では、環境への負荷が少なく、狭い路地も通行可能で、高齢者の足の確保や観光客の周遊に資する、新たなモビリティとして期待されているグリーンスローモビリティを支援している。

今回、地域が抱える様々な交通課題解決と、地域での脱炭素型モビリティの導入を同時に進められるグリーンスローモビリティの推進に向けて、理解を深めてもらうためのシンポジウムを開催する。地域を元気にするグリーンスローモビリティを事業化するヒントを提供する。

シンポジウムでは広島県福山市建設局の大谷参事が「全国初の『グリスロ潮待ちタクシー』運行開始!~日本遺産・鞆の浦をゆっくりおもてなし~」、でんき宇奈月の町野専務理事・事務局長が「宇奈月温泉における低速電気バスの運行による賑わい創出」と題してそれぞれ地域での活用事例を紹介する。「グリーンスローモビリティの事業化に向けて」と題してパネルディスカッションも行う。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集