ウィラー×JR北海道、交通とアクティビティがお得に選べる周遊パス発売 i-ROADにも乗れる

ウィラーは、JR北海道とJR釧網本線沿線自治体および地元事業者と協力し、個人旅行者向け新商品「ひがし北海道ネイチャーパス」の通年販売を5月9日より開始した。

ひがし北海道ネイチャーパスは、鉄道から観光資源へ着地交通をシームレスにつなぎ、先進的な次世代のテクノロジーを使った旅行サービスである「観光型MaaS」の取り組みの一環として実施。自然を活かした体験アクティビティや温泉、新鮮な海や山の幸など、豊富な観光資源が存在するエリアを縦断する「JR釧網本線」を基軸とした周辺の公共交通をつないでいる。

新商品は、1枚でひがし北海道の公共交通の利用と最先端のテクノロジーを活用した新しい体験ができる点が最大の魅力。JR釧網本線と路線バスなどの4つの公共交通が利用できるフリーパスをメインに、追加オプション(別途料金要)で「交通」と「アクティビティ」が選択できる。

「交通」では、JR釧網本線 緑駅(無人駅)にトヨタのパーソナルモビリティ『i-ROAD』を配置。雄大な大自然を肌で感じながら、既存の公共交通だけでは行くことのできない、絶景ポイントへのラストワンマイルの移動を手軽に楽しめる。また、釧路・知床・網走エリアには均一価格の観光タクシーを、摩周・屈斜路湖エリアにはゆったりシートで観光を楽しめるバス「阿寒ビークル」を用意。「アクティビティ」では、釧路湿原カヌー体験をはじめ、馬とふれあいホーストレッキング(屈斜路湖周辺)、朝の知床ジェニックスポット巡りなどを用意する。

パスは、全シーズンのひがし北海道を存分に堪能できるよう通年販売を行う。豊かな大自然やリアルな野生動物と身近で触れ合うこともできる「グリーンシーズン」と、北海道ならではの壮大な雪を、様々なアクティビティを通して楽しめる「スノーシーズン」の2パターンを用意。シーズンごとに違った魅力に触れることができ、これまでにはなかった新たな体験価値を提供する。

また、ひがし北海道ネイチャーパスは、交通・観光事業者だけでなく、食品提供者や土産店、体験アクティビティ事業者など、沿線地域の事業者からも賛同を得ており、食事や体験の割引クーポンの提供など、地域一体となった活性化にも寄与。今後は、様々な交通やアクティビティを増やし、より便利で充実した内容の商品を提供していく。

料金は、JR釧網本線3日間プランが大人8900円/子ども4450円、同4日間プランが大人9900円/子ども4950円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 北海道陸別町にNHK朝ドラ『なつぞら』のラッピング車…旧ふるさと銀河線の車両を使用 4月27日から 画像 北海道陸別町にNHK朝ドラ『なつぞら』のラッピング車…旧ふるさと銀河線の車両を使用 4月27日から
  • 「ほっかいどう応援団会議」を間接的に赤字鉄道路線存続の一助に…全国最年少、鈴木直道北海道知事が初の会見 画像 「ほっかいどう応援団会議」を間接的に赤字鉄道路線存続の一助に…全国最年少、鈴木直道北海道知事が初の会見
  • タイムズ、新函館北斗駅でカーシェアサービス開始へ 北海道新幹線停車駅へ初出店 画像 タイムズ、新函館北斗駅でカーシェアサービス開始へ 北海道新幹線停車駅へ初出店
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース