インフィニティの新社長、就任4か月で退任…後任に日産のヴァンデンヘンデCQO

日産自動車のCQO(チーフクォリティオフィサー)のクリスチャン・ヴァンデンヘンデ氏が暫定的にインフィニティの社長に就任
  • 日産自動車のCQO(チーフクォリティオフィサー)のクリスチャン・ヴァンデンヘンデ氏が暫定的にインフィニティの社長に就任
  • 退任したインフィニティモーターカンパニーのクリスチャン・ムニエ社長

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティ(Infiniti)は5月7日、インフィニティ事業を統括するインフィニティモーターカンパニーの、クリスチャン・ムニエ社長の退任を発表した。

クリスチャン・ムニエ氏は2002年、欧州日産に入社した。近年では、北米日産の上級副社長兼カナダ日産の社長として、米国とカナダ事業を統括してきた。

また同氏は、セールス事業全般、マーケティング&コミュニケーションズ、モデルラインおよびブランドマネージメント、部品とサービス事業、商品企画、トラックと小型商用車事業、カスタマー品質、ディーラーネットワーク開発事業などを手がけてきた。

クリスチャン・ムニエ氏は2019年1月、インフィニティの社長に就任したばかり。就任からおよそ4か月での退任となる。なお、後任には、日産自動車のCQO(チーフクォリティオフィサー)のクリスチャン・ヴァンデンヘンデ氏が、暫定的に社長に就任する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集