大型バスの自動運転を共同研究へ 相鉄バスと群馬大学が合意

自動運転システムを搭載予定の同型バス
  • 自動運転システムを搭載予定の同型バス
  • 自動運転システム
  • 群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター

相鉄グループの相鉄バスと群馬大学は4月26日、バスの自動運転に必要なシステムの開発、同システムを活用した実証実験と、自動運転による輸送サービス構築などで共同研究することで合意したと発表した。

相鉄バスは、ドライバー不足への対応として自動運転技術の導入に期待しており、より安全な運行サービスを提供することで利用客の利便性向上が図られることから、迅速な技術導入を目指す。

群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターでは、自動運転の大型バス運行する上での課題解決や、運行に対応した技術を開発、自動運転「レベル4」(限定地域での完全移自動運転)の実用化を目指す。

両者は今回、営業路線を中心に、大型バスの自動運転による実証実験を2019年秋以降、継続的に実施する。群馬大学の技術提供によって相鉄バスがバス事業者としては日本初となる大型バスの自動運転車両を自社所有し、自動運転「レベル4」による営業運転を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集