ボルボカーズ営業利益19%減、世界新車販売は好調 2019年第1四半期決算

ボルボカーズの主力車
  • ボルボカーズの主力車
  • ボルボカーズの主力車
  • ボルボカーズの主力車
  • ボルボカーズの主力車

ボルボカーズ(Volvo Cars)は4月25日、2019年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は629億1000万スウェーデンクローナ(約7355億円)。前年同期の568億1300万スウェーデンクローナに対して、10.7%増加する。

一方、第1四半期の営業利益は、29億1900万スウェーデンクローナ(約341億円)。前年同期の36億1600万スウェーデンクローナに対して、19.3%の減益となった。ボルボカーズによると、減益となったのは、関税の引き上げや複数の市場での値下げ圧力などによる部分が大きいという。

2019年第1四半期の世界新車販売台数は16万1320台。前年同期比は9.4%増と、前年超えを維持している。市場別では、欧州が回復傾向にある。第1四半期実績は8万6520台。前年同期比は8.8%増だった。

米国では2019年第1四半期、2万2058台を販売。前年同期比は9.8%増と、引き続き伸びた。米国を上回ったのは中国。第1四半期実績は2万9886台。前年同期比は3.9%増と堅調だった。

車種別の2019年第1四半期実績では、『XC60』が新型効果で最量販車に。欧州、中国、米国の世界3大市場において、販売を伸ばした。XC60に次いだのは、コンパクトSUVの『XC40』。XC40はとくに、欧州市場において支持を集めた。XC40に続いたのは『XC90』。米国市場で販売が伸びている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集